■0チビ ボイス

■パルケ! カウントダウン

script*KT*

■プロフィール

りっつ

Author:りっつ
すけむら(息子、本ブログの主人公)
2006年1月生まれ。やぎ座。?型。天王星人(+)。動物占いは「コアラ」。
尊敬する人物:父親
好きな歴史上の人物:父親
一言:偉大な父の背中を見て育ち、父のような立派な大人になりたいです。
(代筆:りっつ)

りっつ (父親)
19XX年5月生まれ。双子座。A型。水星人(-)の霊合星人。動物占いは「トラ」。弁舌力と知謀・知略力を司る水星が守護星。
尊敬する人物:横綱、編集長
好きな歴史上の人物:宮本武蔵、ジャンヌ・ダルク
一言:このブログを通じてバカ親の頂点を極める所存です。

■ずーちび更新率

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
記録更新中
チビが我が家にやってきてから1週間ちょっとたつ。

先週は2~3時間に一度の割合で
一晩に3回くらい起きていたのだが、
ここ4日間は夜中に一回しか目覚めなくなった。
現在、その記録を更新中なのである。

部屋を暖かくしているのがいいのか、
チビが生活にだいぶなれてきているのか
理由は分からないので、とりあえず、
この4日間は生活習慣をキープしている。

4日前からお風呂でチビを洗うのは
パパの役目となっているのだが、
これも何か関係があるのか?

この調子で頑張る所存である。

スポンサーサイト
赤ちゃんの生活 | 14:41:05 | Trackback(0) | Comments(0)
ただいま寝かしつけ中
0チビを抱っこしながら書いています。
ヤツは寝息を立てて睡眠中。

片手しか使えないのでキーボードが打ちにくいものの、
今ここで赤ちゃんをベッドに横たえたら、
置いた振動で目覚めちまうので仕方がない。

今さっきまで一人でベッドに入って
パパとママを待っていました。
これがそのときのショット。

べッドで一人


このあとすぐにグズグズし出して、
抱っこしているわけなのです。

何やらにおうので、これからオムツを交換します。

赤ちゃんの生活 | 00:24:57 | Trackback(0) | Comments(0)
0チビのフェイント
2月14日、お宮参りを済ませ、
無事に0チビくんが我が家にやってきた。
今は親子3人で一緒のベッドで寝ている。

昨日は、夜遅くに洗濯をしていたので、
0チビが最初に目覚める頃(大体、24~1時を想定)まで寝ないで、
ヤツのおむつを交換してやることに決めた。

だが、起きそうな気配を見せはするものの、一向に起きてこない。
結局、パパが半分あきらめてベッドに入り、
ちょっとしてから、赤ちゃんがぐずりだしたのだ。
この間およそ1時間30分。

ママに母乳をもらっている間、
私は合計3回オムツを取り替えた。
深夜3:00、ママとチビの助けができたと
充実した気持ちで床に就いた。

翌朝、妻に「チビは昨日は随分いい子で寝てたね~」と話したら、
4時と6時にしっかり起きたよ」との返事。

結局、最初の1回、お手伝いしただけで、
あとの2回は赤ちゃんの泣き声にまったく気付くことなく
眠り続けていた役立たずの親父であった。

赤ちゃんの生活 | 13:36:13 | Trackback(0) | Comments(0)
0チビが山にやってくる
明日、チビのお宮参りに行ったあと、
いよいよ自宅にやってくる。

我が家は山の中の一軒家なので、
チビにとっては初山登りでもある。
ご近所の皆様にも赤ちゃんが生まれたことを
すでに報告してあるのでちゃんとご紹介しなければ。

毎週のように妻の実家に通い、
お風呂を入れていた日々はすでに遠い昔の話だ。
0チビは、ベビーバスでのお風呂では窮屈になり
普通の湯船に浸かるほど成長したし。
あのときが懐かしいな。

というわけで、あのときの写真を一枚。
ちなみにこの写真は会社のパソコンの壁紙となっている。

ベビーバスで悦に入る0チビ図


最初は嫌がっているくせに、
お湯に浸かるとさすがに気持ちがよいらしく
リラックスした表情になるのが印象的。

毎日お風呂に入れることもできるし、
一緒に暮らすのはとても楽しみである。

成長の記録 | 18:30:11 | Trackback(0) | Comments(0)
動物占いについて
昨日、美容院に行ってきた。
美容師さんとうちの子どもの話をし、
息子の動物占いの動物が何なのか分からないと言ったら
美容院に本があるので調べてみようということになった。

ちなみに、パパは「トラ」でママは「ペガサス」である。
(明石家さんま・大竹しのぶと一緒)
生まれた西暦、月などから簡単な計算をし、
本に載っている一覧表と照らし合わせて初めて動物が分かる。
ところが、その本が2003年生まれまでしか対応しておらず、
06年生まれの0チビの分が計算できなかったのだ!
新しい本を買えということか……。

そのうち、何らかの形で調べるとして、
今日は息子の動物をここで予想しておきたい。
この一ヵ月間の生き様を見て推理するに、
ヤツの動物はズバリ、ゾウじゃないかと思う。
思ったことは頑固なくらい最後までやりとげそうだし。

ま、ペガサスじゃなきゃいいや。

赤ちゃんの基本情報 | 23:13:21 | Trackback(0) | Comments(0)
0チビ生誕1ヵ月
日付が変わってしまいましたが、
0チビが生まれて今日でちょうど1ヵ月がたちました。

1ヵ月前、生まれた当初はこんな感じ。
060107


男の子か女の子か分からない感じだったのが、
先週はこんな感じ。
060128


だいぶ顔つきが男の子らしくなってきました。

今はよくミルクを飲んでよく寝ているので
これよりも顔がまん丸になっています。

新生児の成長はとにかく早い!
長い人生の中でこんなに小さい新生児をやっている時期は
1ヵ月ちょっとしかないので、貴重なショットです。

成長の記録 | 00:43:28 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴメンね、0チビ
赤ちゃんの世話をする上で、ある意味、
パパなんて役に立たない、むしろ邪魔な存在なのかもしれません。

赤ちゃんを抱っこしては不安定さを指摘され、
あやしてはあやし方を注意され、
オムツを替えては暗に不器用だと言われ……。

お腹がすいたらママから母乳をもらい(今のところ母乳中心なので)、
ママと一緒にお風呂に入り(ベビーバスは卒業)、
ママのとなりで寝んねする……。

ただでさえ、親として自分が一年後輩なのに、
思った以上にママと差がついてしまって、
これじゃダメだと自分を責めたり、あせったり、
仕方がないとあきらめたり……。

そういう悔しさのようなものを感じる一方、
自分が赤ちゃんの世話をろくにできなくて
かえって妻に迷惑をかけて申し訳なく思ったり、
24時間フル回転の育児で疲れている彼女を見ても、
代わってやることのできないもどかしさを感じたり……。

昨日の0チビはちょっとご機嫌が悪く
もじゃもじゃすることが多かったのですが、
それに対し何もしてやれない自分のふがいなさがよく分かり、
とても落ち込んでしまいました。

その日の夜、お風呂あがりの0チビを受け取って、
体を拭いて洋服を着せ、哺乳瓶でミルクを飲ませてあげたら、
チビはとても気持ちよさそうにしていました。
そんな彼の満足げな様子を見ていたら、
落ち込んでいた自分を励ましてくれているようで
赤ちゃんの姿が涙でにじみました。

ゴメンね、0チビ。
お前を育てるのにパパにしかできないことは何なのか
今は全然わからないけれど、
力になれるときが来るよう努力するから
そのときが来るまでもうちょっと待っててね。

心温まる話 | 15:30:36 | Trackback(0) | Comments(2)
「ずーちび」とは?
赤ちゃんと一緒に暮らし始めるまでのつなぎネタとして、
今日はブログタイトルの話をします。

ラプソディはそのまんまだから置いておいて、
問題となるのはやはり「ずーちび」。
その由来はこうなのです。

赤ちゃんが生まれる前から、
年下の妻のことを「ちび」と呼んできました。
妻が駄々をこねたり、聞き分けがなかったりしたときは、
彼女ひとりで数人分のチビに相当するくらい手がかかるので
これを複数形にし「ちびず」としました。
それを業界用語風にアレンジしたのが「ずーちび」です。

本ブログの主人公はもちろん「0チビ」ですが、
当然ママチビも登場してくると思うので、
これでやっと正しい「ずーちび」となりました。
そこんとこ4649!

プロローグ | 17:11:32 | Trackback(0) | Comments(2)
0チビのブログ開始!

こんにちは、りっつと申します。

今年1月に息子が誕生して父親となりました。
でも、オレは子どもが生まれただけで
自分が自動的に「親」になったとは思っていません。

女性は自分の体に別の生命体が宿り、
物理的に体型が変わるし、つわりなど苦しい思いを経て
母親になっていくわけです。
一方、男は何もせず、あるとき子どもが生まれて
「父親」と呼ばれるようになっただけの話。

父親は、親として1年近くもママの後輩であり、
パパになったという実感がわきにくい存在だと思います。
だからこそ、男は死ぬ気で努力しないと、
「親」にはなれないと思っています。

今、赤ちゃんは妻の実家で暮らしていますが
もうすぐうちにやってきます。
我が子と一緒に生活するのが楽しみです。

プロローグ | 18:50:51 | Trackback(0) | Comments(1)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。