■0チビ ボイス

■パルケ! カウントダウン

script*KT*

■プロフィール

りっつ

Author:りっつ
すけむら(息子、本ブログの主人公)
2006年1月生まれ。やぎ座。?型。天王星人(+)。動物占いは「コアラ」。
尊敬する人物:父親
好きな歴史上の人物:父親
一言:偉大な父の背中を見て育ち、父のような立派な大人になりたいです。
(代筆:りっつ)

りっつ (父親)
19XX年5月生まれ。双子座。A型。水星人(-)の霊合星人。動物占いは「トラ」。弁舌力と知謀・知略力を司る水星が守護星。
尊敬する人物:横綱、編集長
好きな歴史上の人物:宮本武蔵、ジャンヌ・ダルク
一言:このブログを通じてバカ親の頂点を極める所存です。

■ずーちび更新率

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■月別アーカイブ
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
パルケ スケス村
最近、0チビは自分の名前が分かってきただけでなく、
ニックネームまでバッチリ理解しているようだ。
彼の本名は「れいすけ」なんだが、
「れいちゃん」を筆頭に「レイモンド」「怜門寺」
「れいすけす」「すけす」など様々なニックネームを持っている。
基本的にどれで呼んでも呼んだほうを向く。

おととい、れいちゃんに
「パパが『パルケ!』と言うから続けて『スケス村!』と言うんだよ」
とお願いをしてみた。
パルケとはスペインのテーマパーク「パルケ エスパーニャ」から取ったもの。
はっきり言って、「パルケ スケス村」自体は何の意味もない言葉だが、
チビ専用のおもちゃ箱が置いてあるあたりを
パパが勝手に「パルケ スケス村」と呼ぶことにしたのだ。

そして、いよいよ実験開始。
お座りをしておもちゃ箱あさりをしていた0チビに
その後ろから「パルケ!」と声をかけてみた。
「パルケ」と言われ、振り向いたまではよかったが、
その勢いで体勢を崩して彼は床に頭を打ってしまった。

真っ赤な顔をして怒り泣きをする0チビ。
パパの期待に応えようと思って振り向いたせいで
痛い目にあってしまったのだ……。
ママには「『パルケ』って何だよ」などと悪態をつかれる始末。
「だから、パルケエスパーニャというテーマパークがあって……」などと
ママにはむなしい弁明を試みたが、
0チビはどんな気持ちで話を聞いていたのだろうか?

スポンサーサイト
心温まる話 | 19:05:04 | Trackback(0) | Comments(0)
0チビ流責任の取り方
ただいま、チビはお風呂から上がって、
パパの腕の中で眠ろうとしているところです。

普段、チビがお風呂に入るとき、
パパとママが二人がかりでお世話します。
いつものようにお風呂に入れる準備をしていたら
服を脱いですぐにおしっこを辺りにぶちまけました。

今日の洋服脱がし当番はパパで、
ママがお風呂で赤ちゃんを受け取る係でしたが、
「おしっこ事件」の責任の所在を巡り、
両親が言い争いを始めました。

赤ちゃんは湯船に浸かっていたのですが
パパとママの言い争いを聞きながら、
今度は湯船の中でおしっこをし始める始末

両親の言い争いに終止符を打つべく、
「おしっこをした僕が悪いんだよ」と言わんばかりの行為でした。
0チビなりに責任の所在を明らかにしたのでしょうか?

心温まる話 | 23:51:28 | Trackback(0) | Comments(0)
ゴメンね、0チビ
赤ちゃんの世話をする上で、ある意味、
パパなんて役に立たない、むしろ邪魔な存在なのかもしれません。

赤ちゃんを抱っこしては不安定さを指摘され、
あやしてはあやし方を注意され、
オムツを替えては暗に不器用だと言われ……。

お腹がすいたらママから母乳をもらい(今のところ母乳中心なので)、
ママと一緒にお風呂に入り(ベビーバスは卒業)、
ママのとなりで寝んねする……。

ただでさえ、親として自分が一年後輩なのに、
思った以上にママと差がついてしまって、
これじゃダメだと自分を責めたり、あせったり、
仕方がないとあきらめたり……。

そういう悔しさのようなものを感じる一方、
自分が赤ちゃんの世話をろくにできなくて
かえって妻に迷惑をかけて申し訳なく思ったり、
24時間フル回転の育児で疲れている彼女を見ても、
代わってやることのできないもどかしさを感じたり……。

昨日の0チビはちょっとご機嫌が悪く
もじゃもじゃすることが多かったのですが、
それに対し何もしてやれない自分のふがいなさがよく分かり、
とても落ち込んでしまいました。

その日の夜、お風呂あがりの0チビを受け取って、
体を拭いて洋服を着せ、哺乳瓶でミルクを飲ませてあげたら、
チビはとても気持ちよさそうにしていました。
そんな彼の満足げな様子を見ていたら、
落ち込んでいた自分を励ましてくれているようで
赤ちゃんの姿が涙でにじみました。

ゴメンね、0チビ。
お前を育てるのにパパにしかできないことは何なのか
今は全然わからないけれど、
力になれるときが来るよう努力するから
そのときが来るまでもうちょっと待っててね。

心温まる話 | 15:30:36 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。